学生生活

ユネスコの学習権宣言
ユネスコの学習権宣言

 11月22日に尼崎市民活動図鑑に参加いただいた「へいわえーなー」の皆さんによる、ユネスコの学習権宣言を学ぼう‼️に参加してきました。
 ユネスコの学習権宣言とは1985年、第4回ユネスコ国際成人教育会議で採択された宣言のこと。

ユネスコ「学習権宣言」~第4回ユネスコ国際成人教育会議(パリ)の宣言(1985.3.29)~

 学習権を承認するか否かは、人類にとって、これまでにもまして重要な課題となっている。
 学習権とは、
  読み書きの権利であり、
  問い続け、深く考える権利であり、
  想像し、創造する権利であり、
  自分自身の世界を読み取り、歴史をつづる権利であり、
  あらゆる教育の手だてを得る権利であり、
  個人的・集団的力量を発達させる権利である。


 で始まる、たったA4用紙表裏2ページの宣言文です。


意見交換の様子
意見交換をまとめたグラフィックレコード

 これを段落ごとに参加者が順番に読みながら、印象に残った箇所や疑問を感じた箇所に下線を引き、最後に下線を引いた箇所について意見交換を行いました。

 「人類にとって、これまでにもまして重要な課題」って?
 「想像し、創造する権利」とは?
 「問い続け、深く考える権利」って今、進められている主体的な学び(アクティブラーニング)のこと??
 などなど、みんなの意見や疑問、感想を聞くことで、一人で読んでいても気づかなかった発想を聞くことができます。
 
 他の人の意見を聞き、違いを知り、学ぶという非常に楽しい時間を過ごすことができました。

 (みんなの尼崎大学事務局 尼崎大学・学びと育ち研究担当 立石孝裕)


ページトップヘ