学生生活

自転車マナーポイントアプリのトップ画面

 みんなの尼崎大学で次々と立ち上がる部活動。その活動理由は、個人的な趣味だったり、仲間作りだったりと様々ですが、2018年9月に創部した「チャリ部」は自転車好きの集まりかと思いきや、なんと「尼崎の自転車マナーをよくしたい」という熱い思いが原点になっています。

 きっかけは2016年3月に尼崎市で開かれたビジネスプランコンペ。「自転車の利用率がひときわ高い尼崎から交通事故をなくしたい」という地域の課題を解決するアイデアで、市長賞に輝いたプランが元になっています。


チャリ部に入ってからダイエットに成功したという部長の今田さん

 「自転車の交通事故の7割は交差点で起こっているんですよ」と教えてくれたのはチャリ部部長の今田大介さん。尼崎市内にある地図や測量の会社で働く今田さんは、市役所で働く柏木洸一さんと杉原竜太さんらとある勉強会で出会い、一緒に部活を結成することになりました。


チャリのまちとしての可能性を感じている柏木さん(左)と杉原さん

 交差点で一旦停止をすれば事故は未然に防げるはず。しかし、どうやって止まってもらえばいいのか。市内にあるおよそ4400カ所の交差点すべてに立って、注意するわけにいきません。それに注意しても嫌がられるだけだし…と考えてスマートフォンの活用を思い立ちました。


市内の交差点の数はなんと4000カ所以上も

 「誰でもほめられたら嬉しいじゃないですか」という今田さん。そんな気持ちで楽しめるスマホのアプリを開発し、2018年11月から実証実験をスタートしました。使い方はアプリを起動して自転車で移動するだけ、ととても簡単。GPSと連動していて交差点で一旦停止するとポイントがたまる仕組みになっています。「今は実験なのでポイントの使い道はまだありませんが、既存のポイントや企業との連携でマナーを守ればお得になる、そんなシステムを目指しています」。
 
 よく一旦停止されている交差点や事故件数との関係など、今後の交通事故対策につながるデータを集めることがねらいです。11月からのおよそ3カ月で多くのことがわかりましたが、さらに多くのデータを集めるため2月18日からはiPhoneでも使えるiOS版の配信がはじまりました。

 仕事を終えた大人たちが、自分たちの専門知識や技術を持ち寄って、社会の役に立てようと話し合う「チャリ部」のミーティングを見ていると、まさに大人の部活だなあとちょっとうらやましくなるのでした。ぜひ尼大生はこのアプリをどんどん使って、その感想を「チャリ部」までお寄せください。尼崎発の世界的ヒットアプリに育てましょう。

みんなの尼崎大学チャリ部

https://www.facebook.com/みんなの尼崎大学チャリ部-1915008998793382/

自転車マナーポイントの実証実験は3月末まで行います。

スマートフォンをご利用の方は、アプリをダウンロードして実証実験へのご参加お願いいたします!

iphoneでのダウンロード方法

・APPストアにて「自転車マナーポイント」で検索
・以下のアドレスからダウンロード
https://r.qrqrq.com/3lmn9NBa

androidでのダウンロードは以下のアドレスから

https://play.google.com/store/apps/details…


この記事を書いた人

みんなの尼崎大学事務局 若狭 健作(iPhoneケースが最近かっこよくなりました。)

ページトップヘ