学生生活

 9月8日(火)は、いつもの「ひと咲きプラザ」を飛び出して、尼崎市の北西端に位置する「武庫西生涯学習プラザ」でみんなの尼崎大学相談室を開きました。みんなの相談室常連の尼大生と、武庫地域で活躍する方々、はじめてこういう場に参加したというご近所さんたちが出会った様子をご紹介します。

 「みんなの尼崎大学 相談室(略して、みんなの相談室)」とは…
 毎月第2水曜日の11:00〜21:00に開いています。「尼崎でこんな活動・事業をしてみたい」「進めたいプロジェクトがあるのだけど、仲間が足りなくて」「何ができるか分からないけど、お手伝いをしてみたい」など、活動の場を見つけたい人や広げたい人が相談できる1日です。
参加者同士が交流できるコアタイムは、
・ ひるのミーティング(12:00〜13:30)
・ よるのミーティング(19:00〜20:30)
それ以外の時間で相談員(コーディネーター)へ個別相談をすることもできます。

ジモトのご相談がぞくぞく(おひる編)


和気あいあいと参加者からアイデアが飛び交います

 今回のひるのミーティングに持ち込まれたご相談のテーマは、
・ 幼児園にどうしたら人が集まる?
・ 和文化イベントやりたい!
・ 男女共同参画の啓発イベントに適したゲストを探しています
・ 園田に図書館を…!
・ お寺に若い人を呼びたい です。

 「和文化に触れられるイベントがしたいです」と相談を持ちかけたのは、初参加の宇久さん。最近は古くから日本にある文化に触れる機会が少なくなっていると危惧しているとのこと。そこで、子ども向けに和文化を楽しく学べるイベントを開きたいと考えているそうで、「どんなテーマなら興味がありますか?」と投げかけました。


右から2番目が宇久さん。ご実家はボクシングジムを経営されているそう

 一方で、数年前に養専寺の住職として武庫に来られた楠本さん。「幅広い世代の方にお寺へ足を運んでもらいたい」とのこと。参加者からは、宇久さんと楠本さんの相談をマッチングさせて「境内で縁日を開けば、浴衣を着たり駄菓子を食べたりと和文化が無限に広がりそう!」というアイデアが。
 楠本さんは、「メインで企画運営してくれる人がいれば、お寺としても協力しやすいです。このテーマであれば理解を得られやすそう。ぜひやってみたいですね」と話していたので、実際に和文化イベントが実現するのが楽しみです。

一日を通して新たな出会いが

 個別相談の時間も、武庫地域ならではの企画がたくさん。子どもは無料、大人は100円でお茶が楽しめる「ティーンズMUKOカフェ」が開かれたり、武庫で大人気の広報誌「むこたん」編集委員のオープンミーティングがあったりと、武庫のプレイヤーと尼大生が交流できる時間になりました。


15時からはティーンズMUKOカフェで優雅なティータイム

いつも自習に来ているという中学生も、みんなの尼崎大学に入学!

なんと小学生からの相談もありました。オリジナルカードゲームを商品化したいそう!

武庫広報誌「むこたん」のミーティングは、会場を赤ちゃん(複数)がうろうろするなんとも和やかな雰囲気

ジモトのご相談がぞくぞく(よる編)

 よるのミーティングに持ち込まれた相談事はこちら。
・ 聖地巡礼のお手伝い
・ 武庫之荘駅の掃除
・ 地元ファンに愛される少年サッカー
・ 子どもたちに火に触れ合う文化を
・ スケボーのできる環境づくりを です。


ひるとよるのミーティングは武庫地域課職員と尼大スタッフが一緒に進行

 「武庫之荘駅の掃除」のテーマを出したのは、毎週土曜朝8時から武庫之荘駅周辺の掃除を10年近く続けている中村さん。多くの人に知ってもらい、ぜひ参加して欲しいと話します。「土曜の朝に早起きして掃除するのは気持ちが良いものです。自由に参加できる気軽なところがいいですね。最近は参加していませんでしたが、また久しぶりに行こうかな」と話すかつての参加者も。
 さらに駅南側にあるゴンドラ噴水のタイルを修繕する計画も話題に上がりました。業者に頼むのは難しいけれど、DIYで何とかならないかと、修繕のアイデアも募集中とのことです。興味のある人は土曜のゴミ拾いに参加してみてくださいね。


この日の相談をきっかけに初めて参加したという人も。ゴンドラ噴水を背景にパチリ

 少年サッカーのコーチ、西野さんも今回初めてみんなの相談室に参加しました。小中学生向けの「立花フットボールクラブ」を地元に応援されるチームにしたいと夢を語ります。
 「地元のおじさんが、試合を楽しみにするようなチームになってほしい。こども達と一緒に地域のイベントを手伝うなど、少しずつ接点を増やせたらと思います。」卒業生には海外でプロサッカー選手として活躍するメンバーもいるのだとか。立花西小学校、武庫庄小学校、立花小学校で練習しているそうなので、見かけたときはぜひ応援お願いします。


10月から武庫地区で「みんなのホームルーム」がスタート!

 今回初のひと咲きプラザを飛び出しての開催でしたが、なんと参加者70人以上とみんなの相談室史上最高の参加者数でした。武庫地区の盛り上がりを体感した一日でした。
 そして、その手応えを受け、なんと翌10月からは毎月第3木曜日に武庫地区版みんなの相談室「みんなのホームルーム」が定期開催されるというスピード展開に。早速参加して来ましたがホスピタリティと遊び心にあふれるとても素敵な時間でした。


10月15日、はじめての「みんなのホームルーム」が開かれました!



 10月のみんなの相談室は、10月13日(火)11時から、今年5月に開館したばかりの小田南生涯学習プラザで。ウッドデッキが続く1階オープンスペースの使い方会議や、館内見学ツアーもある楽しい一日でした。詳しくは、レポートをお待ちください。


この記事を書いた人

みんなの尼崎大学事務局

ページトップヘ