学生生活

 みんなの尼崎大学では市内の色々な場所で活動されている団体さんやスポットをより深く知っていただき、関わってくださる方の輪を広げることを目的に、私たち職員が活動に直接お邪魔させていただき、お試し体験レポートをお届けしようという新入生勧誘企画「新歓情報」をお届け中です。

 今回は本屋さん?喫茶店?色んな顔をもつ武庫地区にある「まごころ茶屋」にお邪魔してきました。


まごころ茶屋ってどんなところ?

 「まごころ薬局」という薬局の隣に「まごころ茶屋」と書かれたお店。『珈琲』と掲げられたのぼりに、本がぎっしりと並べられた木箱。野菜まで売っています。「「まごころ茶屋」…ここは一体どんなところ???」と不思議でいっぱいです。

 お店に入ると、木のぬくもりが感じられるあたたかな雰囲気に包まれていて、みなさんが楽しそうにお話をされています。


なんと、お店の床張りや壁塗りなどは地域の人たちと共に行ったそうです

 このまごころ茶屋は、本屋さんであり、喫茶店。
 地域の人が交代で店番をしていて、売り上げの20%が店番の人に還元されるシステムです。
 店の奥には色々なジャンルの本がずらっと並んでいます。
 本を売りたい人は本棚のオーナーとしてお金を払い自分の本棚のスペースで、本を売ることができます。


本棚ごとにオーナーの個性や好みが出ていて、見ているだけで面白い!

 喫茶店のメニューはホットコーヒー、アイスコーヒーとオレンジジュースの3つだけ。価格も200円の統一価格。注文をするとこの日の当番さんがドリンクを出してくれます。

私たちも店番を体験させてもらいました

 早速、この日の当番の坂口さんからコーヒーの入れ方を教えてもらい、恐る恐るコーヒーメーカーをセットしていきます。


 教えられたとおりにコーヒーメーカーにスイッチを入れてマグカップをセットすると、コーヒーメーカーが自動で美味しいコーヒーを入れてくれます。
 とっても簡単!

 ミルクと砂糖を添え、マニュアルの写真通りにコーヒーをセットして、お出しします。


 コーヒーをお出しして代金を頂いたら、一旦お仕事終了。
 次の注文が入るまで、私たちも座って輪の中に入り、ゆっくりお喋りしました。


 何でもない日常のひと時が、日ごろの疲れを忘れさせる効果があるように感じるほど、みなさん明るくて、パワフル。
 思い思いに健康の話題、スポーツの話題、みんなが大好きな尼崎の話題などを話し、笑顔の花が咲いていました。

何故まごころ茶屋に?

 『みなさん、何故このお店に集まっておられるんですか?』
 「やっぱり、ここには色んな人たちが集まってくるから面白い。とっても賑やか!」と、指をさされた壁一面には色んなチラシが。


みなさんが持ち寄るチラシがびっしりと貼られた壁

 まごころ茶屋ではフリーマーケットやコンサート、ボクササイズやおとなリトミックなど、小さなお店の中で、本屋さんと喫茶店だけではなく、色んなイベントも行っているそうです。
 この場に集うみんなの「やりたいこと」が実現されている空間で、それを面白がって受け入れている人たちがいる空間なんだと感じさせてくれます。

 まごころ茶屋のオーナーは隣のまごころ薬局のオーナーでもある薬剤師の福田さん。
 薬局の隣にどうしてこんなスペースをオープンされたのでしょうか?
 「薬局を利用するのは、やはりおじいちゃんおばあちゃんが多いです。その中にはまちに居場所がない人もいると思います。そんな人たちがお茶を飲みながらちょっとおしゃべりしたり、自分が昔得意だったことを誰かに教えたり、披露したり、やりたいことが見つけられる場所になればいいなと思っています。」

 まちの中に薬局はたくさんありますが、ただ薬を渡すだけではなく、患者さんがまちで自分らしく、健康に過ごせるような居場所となる場所。
 人生100年時代、自分らしく生きられるまちのスペースが、まごころ茶屋なのですね。
 そんなことを考える福田さんがやっておられる場所だからみなさんが集まり、わいわいと楽しい居場所になっているのだなと感じました。

「三号店」って?


 まごころ茶屋のお店の前には「三号店」とかかれた看板が。
 この「三号店」とはなんなのでしょうか?

 「まごころ茶屋の古本屋のしくみは、杭瀬の商店街にある「二号店」というお店のしくみを真似させてもらっているんです。なので、尊敬の意味をこめて、まごころ茶屋、あらため「三号店」とつけています。」

 なるほど。まごころ茶屋に古本が並んだきっかけが「二号店」という杭瀬にあるお店だったんですね。これは私たちも「二号店」に行ってみないといけませんね!

 気になる本を手に取りコーヒーなどを飲んでゆっくり過ごしたり、そこにいる誰かとお話したり、店番をやってみたり、イベントに参加したり主催して、新しく学んでみたり、関わり方が無限大のまごころ茶屋。
 是非みなさんも、まずはコーヒーを飲みに、訪れてみてはいかがでしょうか。

お店の名前
まごころ茶屋
活動日時
平日10時~16時(店番をする人がいないときはお休みです。イベントをやっていたりすることもあります。)
活動内容
喫茶店と本屋さん
場所
まごころ茶屋(尼崎市武庫之荘6-24-11)
連絡先
まずはお店に直接どうぞ!
まごころ茶屋から一言
まずはゆっくりコーヒーでも飲みにきて、そのうち店番という輪の中に入ってみてください。

この記事を書いた人

みんなの尼崎大学事務局

ページトップヘ