ごきげんさんに暮らすまち、尼ノ國

尼ノ國とは

大阪から5分。駅は多いし、バスや自転車でどこでも行ける。買い物は便利、しかも安い!
でも尼ノ國の魅力はそれだけじゃないんです。
年齢性別、出身地や仕事ぶりもさまざまな人たちが、たがいに思いやり、助けたり助けられたりしながらご機嫌に暮らす、そんなまちの日常をお伝えするWEBサイト「尼ノ國」。実は尼崎市の公式サイトなのです。

大切にする十の合言葉

尼ノ國で大切にされている十の言葉ごとに記事を読むことができます。


  • おたがいさま
  • おせっかい
  • おすそわけ
  • おこさま
  • おかえり
  • おしごと
  • おちょうしもん
  • おべんきょう
  • おとなりさん
  • おせわさま

尼ノ國にお城が建つ!

江戸時代にあった尼崎城の天守閣が、尼崎で創業した会社の恩返しでついに再建されます。

「創業の地に恩返しがしたい」と大手家電量販店の創業者、安保詮(あきら)さんが市に寄付するのは10億円以上かかる天守閣の建物。場所は阪神尼崎駅の南東。駅から5分の場所に尼崎城がふたたび建設されるんです。高さ25メートルの尼ノ國のシンボルの完成は平成30年度。開国ムードが高まります。


尼崎城イメージ


ページトップヘ