ごきげんさんに暮らすまち、尼ノ國

突撃!尼ノ役所

「尼崎で大人が本気で『学校ごっこ』しているらしい」
まことしやかにささやかれるウワサ。その真偽を確かめるべく、市役所に直撃取材!

…と思ったら、市役所で「『ひと咲きタワー』に行ってください」と謎のタワーを指定された。

若王寺に「あまがさき・ひと咲きプラザ ひと咲きタワー」なるものがあろうとは。「ひと咲き施策推進部 尼崎大学・学びと育ち研究担当」の拠点となっているらしい。

行ってみたら、3人でおそろいTシャツ。つっこんでいいですか?


尼崎大学・学びと育ち研究担当 北原のぞみさん、阿部尚奈子さん、立石孝裕さん

このタワーの制服なんでしょうか。そ、それとも仲良しだからですか?


いえ、違います。「みんなのサマーセミナー in Amagasaki(以下、サマセミ)」のユニフォームです。セーラー服柄になっています。


今日はたまたま着ているだけで、毎日ではありませんよ。


「サマセミ」とは、ウワサの「学校ごっこ」のことでしょうか?



まちの人たちが先生になり、生徒にもなって、学校ごっこを楽しむ夏の2日間のイベントです。今年は、8月5日(土)、6日(日)に、尼崎双星高校で開催されます。先生といっても、教員免許の有無は関係なく、店主や植物に詳しい人など、「伝えたい」「教えたい」気持ちがあれば、誰でも先生になれます。「学びたい」気持ちがあれば、誰でも生徒です。子どもから大人、おじいちゃんおばあちゃんまで一緒に机を並べて勉強できちゃいます。

他市でもよくある講座やワークショップを集めたイベントとはどこが違うのでしょうか。どのあたりが「学校ごっこ」なんですか?



「誰でも先生、誰でも生徒」の市民企画型セミナー「愛知サマーセミナー」をお手本にしています。尼崎で2015年に開催する際、多くの人たちに知ってもらうには「学校ごっこ」と説明したほうが分かりやすいのではないかと。そうしたらどんどんアイデアが膨らんできて、セーラー服柄Tシャツ、校章バッジをつくったほかに、今年は学生カバン風トートバッグも登場します。


開催場所は初めての一昨年が百合学院中学高校、去年は百合学院中学高校と旧聖トマス大学、そして今年は尼崎双星高校といった本物の学校です。学校生活は朝礼、ラジオ体操、校歌斉唱から始まり、午前中の授業に突入。お昼は学食がオープンしますし、5時間目まで終われば、掃除して下校です。全授業に出席すれば皆勤賞もありますし、廊下を走ると風紀委員に注意されますよ。

徹底した「学校ごっこ」ぶりにびっくり!


学校の思い出といえば、算数や体育の授業は憂鬱でした。「サマセミ」の授業は楽しいのでしょうか?


2017年は約350もの授業があります。尼崎らしいものをいくつか挙げますと、「行き過ぎた町おこしが太古の怪獣を呼び覚ました!」「わくわく工作講座~校務員さんといっしょ~」。


FMあまがさきの人気番組から「神主さんも聴きに来るお坊さんの話」「お坊さんも聴きに来る神主さんの話」、尼崎在住の写真家による「尼崎を空から見てみよう!楽しいドローン空撮」などもありますよ。


「防災・減災―高校生にできること、みなさんにできること」では、いつもは生徒である高校生が先生になります。


まちの人の数だけ、授業もあるんですね。こんなに多いと迷います。



誰かに授業の選択をゆだねるのもありです。生徒が3人以下の教室には聴講ボランティアを参加させる制度があるのですが、自分では選ばない授業を受けるチャンスになります。以前はスポーツ一直線の学生がアイメイク講座を受けて化粧に目覚めるなんてことも!


私は授業ソムリエ風に勝手に友人の好きそうな授業をピックアップして空き時間の過ごし方まで提案しています。


誰かに委ねる授業の選び方、想像を超えた出会いがありそうですね。青春名場面なんてありますか?



2015年にあった放送部によるお昼の放送。プロDJが本気でお昼の放送をしていました。


2016年のお昼休みには自然発生的に「マイム・マイム」をみんなでダンス。


実行委員が頭にタオルを巻いて無我夢中に取り組む姿はまるで文化祭のようでした。


実行委員は市職員なんですよね?



提案型協働事業制度を活用したもので、市職員と多様な人たち、例えば、職員、高校教師、お坊さん、市民活動家、企業職員、広告代理店勤務の会社員、フリーライター、フリーSE、大学生などで成り立っています。当日はリアルな学生服を身に付けた高校生ボランティアも。企画も運営も実施も、それぞれが対等な立場で得意なところを生かして取り組んでいます。


随時、誰でも実行委員になれます。1年目は20人ほどだったのが、先生や生徒経験者が加わるなど今では60人ほどにも。

まちの人たちを巻き込んでの全力の「学校ごっこ」。

ズバリ、その目的は?



先生も生徒もまちの人たち。まちの魅力的な人たちとの出会い、交流から、まちに関心を持ってもらえたら。一人ひとりがまちを好きになれば、「まちをよりよくしていこう」という想いにつながり、行動にも表れ、もっと魅力的なまちになっていくのではないかと考えています。

ずっと気になっていたことが…この『ひと咲きタワー』周辺、校舎みたいに見えるんですが。

本気すぎて学校まで作ってしまったんですか?



いえいえ、ここはもともと「聖トマス大学」だったんです。大学の廃止後、市に寄付いただきました。


この8階は、まちの人たちの交流拠点になる予定です。現在は「サマセミ」と同時スタートしたまち全体を大学にみたてた「みんなの尼崎大学」の放課後ミーティングの場となっています。


みんなのやりたい企画を持ち寄って、一緒に考えて協力していく場として、毎月開催しているので、気軽に参加してください。

「なんか面白そうやん」というきっかけから、それぞれの好きや得意が引き出され、困り事を解決し合ったり、新しい「それ、ええやん」を生み出したり。尼ノ國には、その入口がたくさん! 一歩飛び込んでしまえば、「ごきげんな尼ノ民ライフ」の扉が開きそうですね。


2017年みんなのサマーセミナー_ショート版





ページトップヘ