学生生活

左が牧野篤史さん、右側が岸本クリスティーナさん(旅行時の格好でお越しいただきました)

 1月26日(土曜)18時から上坂部の西正寺で開催された、「ブッ旅!第1章」に参加してきました。

 これは、毎月第2火曜日にインターネットでラジオ放送をしている「みんなの尼崎大学放送部」略して「みん放」のスピンオフ企画です。
 進行は、みんなの尼崎大学放送部と同じく、FMあまがさきなどで活躍するプロDJの牧野篤史さん。語り手は自称「社会人、時々バックパッカー」の岸本クリスティーナさん、ちなみに日本人です。

 雪もちらつく寒空のなか、会場いっぱいの参加がありました。


上坂部にある清光山西正寺で開催しました

 岸本さんは世界40か国以上を旅していて、なかでも1人旅の楽しさを誰かに紹介したいと「みんなの尼崎大学 学生相談室」に相談に来られたのが「みんなの尼崎大学」との出会いです。
 その後、阪急園田駅にほど近い「みなくる☆そのだ コープさんとこ」で講座を催したり、みんなの尼崎大学放送部にゲストとして参加。
 もっと話を聞いてみたい!とのリクエストに応える形で、今回のスピンオフ企画が実現しました。
 
 岸本さんは、旅は旅でも「1人旅」をお勧めしています。
 なぜなら、その方が断然、現地の人との会話現地の人の生活を垣間見る機会に恵まれるから。
 
 しかしながら、女性の1人旅って大丈夫なの?という疑問や不安もぬぐえません。

 その不安を一掃するのがこの講演会の目的のはずなのですが、「ブッ旅(ブッ飛んでる旅)!」のタイトルにふさわしいお話しでした…


1人旅のハプニングを楽しげに語るクリスティーナさん

 おそらく岸本さんは段階を経て、徐々に1人旅に慣れてきているので、あまり気にされていないようでしたが、初めてお話を聞く者にとっては「危険がいっぱい」

 フランスで最終電車がなくなるまでお酒を楽しんでしまい、駅近くの公園を寝床にする決意をしたとか…。ご本人のコメントは「涼しかったので…」
(実際には親切な方に宿泊していたホテルまで車で送り届けていただけたそうですが…それも大丈夫????)

 今回は、人生初めての1人旅=ツアーガイド付のバリ旅行から、タイ・プーケットでのタクシー事件、初のヨーロッパ旅行でギリシャIN→パリOUTというルートを選択したときの珍道中のお話をお聞きしました。

 アジアやロシアなどまだまだ話は尽きません。このあと第2章、第3章へと続く予定ですので、ご期待ください。


来場者全員にこの年末年始で出かけたミャンマーのお茶とお菓子でおもてなし

=================
【以下、予告時の内容です】


みんなの尼崎大学〜放送部のラジオトーク後、第2弾を望む声をうけまして、やります!!

「ブッ旅!おススメできないひとり旅」-第2章

絶妙なタイミング&鋭いツッコミのDJ牧野篤史さんと会社員、時々バックパッカーの岸本クリスティーナさんがタッグを組みます!

クリスティーナの実体験の旅のスタイル、ひとり旅の魅力も語ります。
決して、おススメはできない(笑)自分ではこんな旅はしたくないかも…とソワソワする内容も…

危険なにおいが漂いながらも、イベント終了後にはなぜかひとり旅の魅力に惹かれているあなたがいるハズ!!

ひとり旅に憧れる人も、そうじゃない人も、初笑いしに是非お越しください!
--------------------------------------------------------------------
・2019年1月26日(土)
・18:00〜19:30
・@西正寺(上坂部3丁目36−8)
・参加費500円(お菓子&お茶付き、現地支払い)
--------------------------------------------------------------------


この記事を書いた人

みんなの尼崎大学 放送部員 立石孝裕

ページトップヘ