学生生活

 8月11日(水)にひと咲きプラザでみんなの相談室を開催しました。コアタイム以外でも「モヤモヤ茶話会」や「今月のスポットライト」で盛り上がった様子をご紹介します。

「みんなの尼崎大学 相談室(略して、みんなの相談室)」とは…
 毎月第2水曜日の11:00〜21:00にあまがさき・ひと咲きプラザで開いています。「尼崎でこんな活動・事業をしてみたい」「進めたいプロジェクトがあるから、仲間が欲しい」「何ができるかわからないけど、お手伝いをしてみたい」など、活動の場を見つけたい人や広げたい人が相談できる1日です。
参加者同士が交流できるコアタイムは、
・ ひるのミーティング(12:00〜13:30)
・ よるのミーティング(19:00〜20:30)
Zoom参加も可能なミニコーナーは、
・ モヤモヤ茶話会(15:00〜15:30)
・ 今月のスポットライト(18:00〜18:30)
それ以外の時間で相談員(コーディネーター)へ個別相談をすることもできます。

相談室はイベントの告知もOK!


 今回のひるのミーティングは初参加者を交えて20人で話し合いました。参加者が持ち寄ったテーマは、
・ 食育とカウンセリングの講座を開きます
・ 神社マルシェの出店者募集
・ 国際理解のイベントってどう? の3つ。


説明をする寺田さん(中央)と中西さん(左)。戸ノ内素盞鳴神社の宮司・豊島さん(右)

 「神社マルシェの出店者募集」のテーマを出したのは、新しく戸ノ内素盞鳴神社の宮司になった豊島さんと、巫女の寺田さん、寺田さんの友人でパン教室やハンドメイドの出店をしている中西さん。10月14日に行われる秋季例大祭と宮司就任奉告祭に合わせて、境内で開く「お神楽〜OKAGURA〜まるしぇ」の出店者を募集しているとのこと。「若者の神社離れが進んでいるので、マルシェをきっかけに神社に訪れてお神楽を体験してほしいと考えています」と豊島さん。出店料3000円の中に1000円のお神楽券が2枚付いているそうなので、出店しながらスタッフも大祭を楽しむことができるそう。興味のある方は戸ノ内素盞鳴神社に問い合わせてみてくださいね。


食育とカウンセリングの講座を8月18日に開いた垣内さん(中央)と松井さん(左)、西川さん(右)

気になるテーマはありますか?

コアタイム以外も盛り上がりました


ズームでの参加もOK。みんなでモヤモヤを話しました

 15時からは、答えはないけどモヤモヤしていることを語る「モヤモヤ茶話会」を開きました。今回のテーマは「食のモヤモヤ」。参加者からは「ファーストフードは体に悪いと分かっているけど、美味しいのでつい食べてしまうことにモヤモヤする」や「賞味期限が長いものを買いがちだけど、食品ロスを考えると賞味期限が近いものを買ってほしい」、「安すぎる野菜を見ると、生産者にちゃんと対価が支払われているのかモヤモヤする」などの声がありました。次回は「SNSのモヤモヤ」を語りますので、興味のある方はぜひご参加ください。


こちらもズームを繋ぎながらスタート

 18時からは気になる尼大生にインタビューする「今月のスポットライト」。8月はLGBTQ+のコミュニティ「MixRainbow」代表の井餘田みのりさん。先日NPO法人化された団体設立の経緯や、これからやってみたいことをお聞きしました。当日の様子はYouTubeで見ることができますので、ぜひご覧ください。


 9月は尼崎市役所の、道路整備担当の安井さんと都市戦略推進担当の柏木さんに来てもらい、阪急塚口駅の南側駅前広場の利活用について話してもらいます。近くにお住まいの方、普段使われている方、公共空間に興味がある方など、たくさんの参加をお待ちしています。

よるのミーティングもみんなでお節介


 居合わせた参加者同士でお悩みにお節介しあう「よるのミーティング」。16人が参加し、4つのテーマを考えました。
・ 人生を深掘りさせて!
・ トランスジェンダーの方のスポーツ参加
・ 普通ってなに?
・ この館内での飲み物配布


毎回面白いテーマを提案してくださる古川さん

 「トランスジェンダーの方のスポーツ参加」をテーマに出したのは、尼崎市国際交流協会の古川さん。アメリカのコネチカット州では陸上競技の大会で、男性として生まれたトランスジェンダーの女性も「女子」のレースに出場ができるそう。そのため、持って生まれた性別による身体的な差が理由で、トップクラスの成績を持つ女子選手でもトランスジェンダーの女性には勝つことができないのだとか。同州では、トランスジェンダーの選手に負けた女子選手が、公正な競技に女性の権利を求めた訴訟を起こしているそう。(詳しくはこちらの記事をご覧ください。)

 古川さんは「世界では競技についてこのような議論が起こっていますが、どう思いますか?」と質問。参加者は頭を抱えながら「性別で分けるのではなく、柔道のように体重や身長で分けてはどうか」や「プロ野球でも女性に門戸を開いているけれど、入団テストで落とされているので性別によって体力差があるのは事実」などの意見がありました。井餘田さんは「そもそも、このような議論が世界中で起こることが嬉しい。今回の場合は男性ホルモンの値など科学的に線を引いても良いと思います」と話していました。


スマイルひろばの細見さんからは9月4日と11日に開催予定の「ふつうってどう思う?」の講座のお誘いがありました

初参加の大学生・山本さんは、いろんな人の人生を深掘りするインタビューがしたいそう

よるのミーティングの板書です。気になる話題があれば事務局まで

 次回は、緊急事態宣言中のため2021年9月8日(水)11時からオンライン(Zoom)で開催します。
PCまたはスマートフォン・タブレットで以下のリンクより参加してください。

参加URL→こちら
ミーティングID: 948 8165 3796
パスコード: 779813

相談員一同、皆さんのご参加をお待ちしております。


この記事を書いた人

みんなの尼崎大学事務局

ページトップヘ